1. 注文タイプ

Coinstoreは、ユーザーの独自の取引およびヘッジ戦略をアシストするため、多様な注文タイプを用意しています。

注文タイプは3種類あり、以下がその説明となります:

• 成行注文

行注文は、現在の市場価格で即刻約定される注文です。トレーダーは取引を急いで約定する場合は、このタイプの注文を選択します。このタイプの注文を選択する際は、オーダーブックに注目する必要があります。時に、大量の成行注文によって市場変動が助長され、市場インパクトコストが発生する恐れがあります。

ユーザー入力:数量

市場に予期しない影響を与えないため、すべての成行注文は20ランクの最小価格単位しか使用できません。お客様の注文が最小価格単位を超えた場合は、部分的に取引され、残りの注文は破棄されます。

例:BTCUSDTの最小価格单位が0.5USDTであれば、成行注文は消耗20*0.5 USDT=10 USDT価格差の流動性しか消費できません。

相手に注文がない場合は、成行注文の提出は禁止されます。

• 指値注文

指値注文は、トレーダーが希望する最大買気配値/最小売気配値を指定できる注文方法です。トレーダーは、取引価格を制限し、コストを最小限に抑えることができます。しかし、市場価格が指値価格に届かなかった場合、注文は約定されません。

ユーザー入力:数量 、指値

市場に予期しない影響を与えないため、すべての指値注文は100ランクの最小価格単位しか使用できません。

お客様の注文が最小価格単位を超えた場合は、注文拒否されます。

例:BTCUSDTの最小価格单位が0.5USDTであれば、指値注文は消耗100*0.5 USDT=50 USDT価格差の流動性しか消費できません。

• 条件付き注文

条件付き注文の価格トリガータイプは以下の2種類です:最新約定価格/ マーク価格 

条件付き注文はトリガーするまで証拠金を必要としません。

条件付き注文がトリガーされても、価格が低すぎる/高すぎるために成約できない可能性や保有ポジションがリスク限度額を超えたなどの原因で成約が失敗する可能性があります。

2. システムの注文タイプは4種類あり、以下がその説明となります:

・通常注文

トレーダーは自ら判断し、自発的にポジションの開閉を選択して取引を行います。

• 強制決済注文

ユーザーのポジション証拠金が維持証拠金を下回った時点で強制的に決済されます。強制決済の執行時、アカウント内にあるすべての注文が直ちにキャンセルされます。

保険基金委託注文

ユーザーが強制決済の過程で証拠金が不足している場合、保険基金がその保有ポジションを預かります。保険基金が市場の破産価格に基づいてクローズポジションを行います。

• 自動レバレッジ

保険基金でかかる損失の全額を補填できないユーザーに対し、自動レバレッジが適用されます。自動的にポジションの未実現損益順位応じて決算されます。