無期限契約はデジタル資産デリバティブの一種で、従来の先物契約とは異なり、満期や決済日はありません。無期限契約は、担保資産の現物市場に類似しており、対象の指数参考価格の近似価格で取引されています。


無期限契約価格とマーク価格間の長期的なコンバージェンスを確保するために、資金調達率を採用しています。Coinstoreの無期限契約には、次のようないくつかの概念があります:


1.マーク価格:市場操作を回避し、無期限契約価格がスポット価格と一致することを確実にするために、トレーダーの未実現損益は全てマーク価格にて計算されます。

2.初期証拠金と維持証拠金:トレーダーは初期証拠金と維持証拠金をよく理解してください。特に維持証拠金は重要になります。システムは、アカウントのポジション証拠金が維持証拠金を下回った時点で強制的に決済されます。

3.資金調達率:無期限契約には資金調達率があります。買い手と売り手の間で支払われ、8時間ごとに1回計算されます。資金調達率がプラスの場合、ロングポジションの保有者がショートポジションの保有者に資金調達料を支払います。 同様に、資金調達率がマイナスの場合、ショートポジションの保有者はロングポジションの保有者に資金調達料を支払います。(資金調達料は決済時にネットポジションが0でない場合のみ、その支払いまたは徴収が必要となります)。

4.資金調達率支払時間:UTC-0 00:00(GMT+8 08:00)、UTC-0 0800(GMT+8 16:00)、UTC-0 16:00(GMT+8 24:00)。

ヒント:トレーダーは、取引のページで次の資金調達期間の予測レートを、契約市場で現在の資金調達率を確認できます。

5.リスク:現物市場と異なり、契約市場ではトレーダーが元本を超える取引やポジション保有が認められており、すなわちレバレッジの仕組みが存在します。

以下がCoinstore無期限契約の通貨パラメータ紹介となります: