s資金調達率

  • 1. 資金調達率の役割

資金調達率は、無期限契約市場と現物市場の間で価格を収束させるために使用されます。(価格回帰)。

無期限契約は従来の契約とは違い、トレーダーはポジションを永続的に保有でき、期日はなく、限月を気にする必要もありません。例えば、トレーダーは無料のポジションを強制決済されるまで、永続的に保有できます。無期限契約取引はスポット市場のペア取引と非常に類似しています。つまり、無期限契約は従来の方法で決済されません。だからこそ、暗号資産プラットフォームは、契約価格がインデックス価格に見合うように資金調達メカニズムを採用しています。

  • 2. 資金調達率とは何か?

資金調達率とは、無期限契約価格とスポット価格の価格差に基づき、ロング/ショートポジションのトレーダーへ定期的に支払われる費用のことです。市場が上昇傾向の場合、資金調達率はプラスとなり、ショートポジションの保有者はロングポジションの保有者に支払います。逆に、市場が弱気傾向の場合、資金調達率はマイナスとなり、ロングポジションの保有者がショートポジションの保有者に支払います。資金調達率は直接保有者間での資金移動であり、Coinstoreは一切手数料を徴収しません。

Coinstore契約の取引プラットフォームでは、8時間ごとに、それぞれUTC+0 00:00(GMT+8 08:00)UTC+0 08:00(GMT+8 16:00)、UTC+0 16:00(GMT+8 24:00)に計算されます。これらの時点でポジションを保有している場合にのみ、資金調達料の徴収または支払いが必要となります。計算時に買/売建玉を保有している場合にのみ、資金調達料の徴収または支払いが必要となります。その時点でトレーダーがポジションを保有していない場合、資金調達料の徴収/支払いは発生しません。

  • 3. 資金調達料の計算方法は?

資金調達料の計算式:

資金調達料=建玉の名目価値x資金調達率

*建玉の名目価値=マーク価格× 建玉契約枚数×契約価値

  • 4. 資金調達率の計算方法は?

資金調達率は、利率とプレミアムの2つの部分で計算されます。なお、プレミアムは無期限契約の価格が暗号通貨の推移にコンバージェンスする理由を表しています。

Coinstoreが採用している固定利率は、デフォルトで1日当たり0.03%(資金調達率決済サイクル当たり0.01%)に設定されています。

 

資金調達率の計算式:

ステップ1:インパクト買値/売値:

直近の累計注文額がインパクト証拠金名目額の全注文平均価格に達していること。

 

※インパクト証拠金名目額とは、一定の証拠金での取引可能な最大額をいう。例えば、BTCUSDT契約の場合、インパクト証拠金名目額とは1000USDTの証拠金での取引可能額を指します。インパクト証拠金名目額=1000USDT*最大レバレッジ倍率

 

市場深度

価格

数量

注文金額

累計注文金額

1

P1

Q1

契約価額*P1*Q1

契約価額*P1*Q1

2

P2

Q2

契約価額*P2*Q2

契約価額*P1*Q1+契約価額*P2*Q2

3

P3

Q3

契約価額*P3*Q3

契約価額*P1*Q1+契約価額*P2*Q2+契約価額*P3*Q3

...

 

 

 

 

n

Pn

Qn

契約価値*Pn*Qn

∑契約価値*Pn*Qn

x深度での累計注文額相場がインパクト証拠金名目額を上回り、x深度−1の累計注文額相場がインパクト証拠金名目額を下回る場合、累計注文額>=インパクト証拠金名目額となるようにx深度の一部を含む累計注文額相場を計算に用いります

計算式:

*インパクト買値をx深度に計算した場合、価格と数量をPxとQxと仮定する。

 

インパクト買値=

同様にインパクト売値を計算できます。

ステップ2:プレミアムインデックスの計算

Coinstoreは1分ごとにプレミアムインデックスを予測し、全てのインデックスの資金調達率の計算期間中での平均値を算出します。

注意:1サイクルあたり480時点をサンプリングし、サーバーの停止またはメンテナンス時には480時点未満になる場合があります。

予測プレミアムインデックス(t)=Max(インパクト買値,min(マーク価格,インパクト売値))/インデックス価格-1

ステップ3:平均プレミアムインデックス予測

ステップ2で得られた予測プレミアムインデックスに加重平均計算式を取り込み、ある1分間の予測平均プレミアムインデックスを計算します。

予測平均プレミアムインデックス(t)=

ステップ4:予測資金レートの計算

1分間の予測資金調達率は、利率と予測平均プレミアムに基づいて計算されます。

 

予測資金調達率(t)=予測平均プレミアムインデックス(t)+Clamp[利率-予測平均プレミアムインデックス(t)、-0.05%,0.05]

*Clampは区間制約関数であり、目標値が上下の制限を超えた場合には境界値のみをとる。

(利率-予測平均プレミアムインデクス(t))が+/-0.05%の範囲内である場合、資金調達率は利率と等しくなります。

例えば、平均プレミアムインデックスが-0.04~0.06の場合、一時的な資金調達率は0.01%(利率)になります)

 

また、予測資金調達率には、上下位区分の制限が適用されます

予測資金調達率(t)=Clamp[予測資金調達率(t)、上限、下限]

*上限=0.75*維持証拠金比率、下限=-0.75*維持証拠金比率

ステップ5:資金調達率

(8:00~15:59)の資金調達率は、各期間の資金調達率は終了1分前(7:59)に決定されます。(この固定値は、16:00の資金交換料と期間内のマーク価格の計算に使用されます)

資金調達率(8:00-15:59)=予測資金調達率(7:59)

資金調達率は、各契約の維持証拠金比率と初期証拠金比率に基づいて計算されます。各契約の維持証拠金比率と初期証拠金比率の詳細は、契約構成パラメータにてご確認ください。