1. リスク制限の概念

Coinstore では、すべての取引アカウントにリスク制限を設け、証拠金が設定されたポジションでの大規模な清算の発生を最小化しています。

トレーダーがより大口のポジションを積み上げると、取引所の他のトレーダーにリスクをもたらします。ポジションを完全に清算できない場合、他のトレーダーがレバレッジ解消イベントに直面することもあります。リスク制限は段階的に増加していき、大口ポジションの証拠金必要額を増やすことでこうした事態を回避するのに役立ちます。

  • 2. リスク制限ランクパラメーター

  • 3.  リスク制限額


4. 適用シーン

管理パネルにて、リスク制限ステップ及び対応する当初証拠金率と維持証拠金率を設定します。

トレーダーが注文すると、システムはトレーダーの持ち高と未成約の参入注文数に基づいてリスク制限額を計算し、ステップに対応する初期証拠金率と維持証拠金率をマッチングさせます。

5. 証拠金とリスク制限の関係性はなんですか

各商品には 最小リスク制限 と ステップ があります。 こうした数値は最小維持証拠金と当初証拠金必要額と共に、各ポジションサイズで完全な証拠金必要額を計算するために使用されます。

保有するポジションの増加に伴い、必要な維持証拠金と当初証拠金も増えていきます。ポジションサイズが次の段階のリスク制限証拠金に達した場合、システムは自動でユーザーの必要証拠金を調整し、リスク制限に伴い増減します。

設定したレバレッジ倍率に基づき最大ポジション数を制限し、実際の保有ポジションに応じて維持証拠金を計算します。

6. ポジションの保持上限

極端なリスクを回避するため、Coinstore契約はすべての契約にポジションの保持上限を設定しています。注文数と保有量が保持上限を超えた場合は、注文できません。1件あたりの注文限度:ファットフィンガーシンドロームなどにより市場に予測不可能な影響を与えないために、Coinstore契約では1件あたりの注文数に制限を設けており、それ以上の注文は提出できません。

7.未処理の注文-通常注文

無制限な注文は、システム内の未処理注文の数を劇的に増加させます。Coinstore契約では、各ユーザーが契約ごとに保有できる未処理注文は10件までとしています。