ポジション建てに必要な使用可能証拠金は、最新の約定価格に応じて変動し、価格が変動すると、ユーザーの注文可能枚数も変動します。具体的な計算式は以下となります。

 

購入/売却注文で必要な証拠金:

徴収必要な売却数=min(c-abs(現在の保有ポジション数)、abs(売却注文数))

徴収必要な購入数=c-abs(現在の保有ポジション数) - 徴収必要な購入数

 

その内:

c = MAX(a,b) (その内:購入注文数 > 0、売却注文数 < 0)

a = MAX(abs(現在の保有ポジション数)、 abs(現在の保有ポジション数+ 購入注文数))

b = MAX(abs(現在の保有ポジション数)、abs(現在の保有ポジション数+ 売却注文数))

 

例:ロングポジションで10枚保有している時に、100枚売却すると、売却注文証拠金80を追加で凍結する必要があります

a=max(ads(10), abs(10+0))=10

b=max(ads(10), abs(10-100))=90

c=max(a, b)=max(10, 90)=90

徴収必要な売却数=min(90-abs(10),abs(0))=80

徴収必要な購入数=90-abs(10)-80=0