1.レバレッジリスク

例えば、あなたが10倍のレバレッジでショートポジションを建て、価格が2%上昇したとします。この時のあなたの損失は10倍に拡大され、価格が20%上昇した損失に相当します。そのため、レバレッジについては必ず良く理解するようにしてください。

 

2.成約リスク

契約取引では、急激な価格変動が生じた時に決済が間に合わない場合があります。例えば、ロングポジションで10元でクローズポジションの損切をトリガーするように設定したとして、価格が10.2元から9元に一瞬で下落した場合、設定した10元のトリガー価格では約定できない可能性があります。価格の変化が早すぎたことで、システムが対応できなかった可能性や契約の流動性の問題が考えられます。ここでの流動性とは、カウンターパーティー数が足りないことを指します。10元でクローズポジションしようとしても、それを引受けるカウンターパーティーがいなければ約定できません。そのため、流動性がよく、マーケットデプスの良い、大きなプラットフォームで取引をした方がいいです。

 

3.利食及び損切リスク

契約取引には利食及び損切を設けることをお薦めします。契約取引とは、レバレッジをかけているのが一般的で、損切を設けていない場合相場の変動が激しい時、損失もレバレッジの倍数で増幅され、強制決済に至る可能性があります。

 

4.ポジションリスク

保有ポジションサイズが大きい場合、契約トレバレッジ取引では、抵抗できる不利な変動ポイントが非常に小さくなるため、「強制決済」が起きやすくなります。契約トレーダーのポジションを30%以下に抑えることをお勧めします。つまり、あなたが使用している証拠金は、口座の総資金量の30%以下です。

 

5.手数料のリスク

一部の契約トレーダーは超短期や量的取引をする傾向がある。取引回数が多すぎると、より多くの手数料が発生するため、決済時の手数料が利益をも上回る場合もありえます。

 

6.資金調達料のリスク

無期限契約の保有ポジションは8時間ごとに資金調達料が発生します。トレーダーは資金調達料を支払う必要がある場合、複数回支払うことで、ポジション証拠金が少ない状態では、強制決済がトリガーされる可能性もあります、