計画注文は必ずしもトリガーに成功するとは限らず、価格制限、注文数量制限、ポジション制限、証拠金不足、銘柄契約が取引不可状態にある、ネットワークの問題、システムの問題などで注文に失敗する可能性があります。

 

そのため、価格制限メカニズムをトリガーして注文失敗しないために、ユーザーが注文価格とトリガー価格を設定するときに、その差をあまり大きくしないことをお薦めします。