1.契約取引では、トレーダーは1~100倍のレバレッジを使用できます。レバレッジが高ければ高いほど、同等のポジションに必要な証拠金は比例して減少し、レバレッジと証拠金は反比例の関係です。

 

2.レバレッジを採用すると同時に、強制決済価格もそれに伴って変化し、レバレッジが高ければ高いほど、受けるリスクも同様に増加します。

 

3.Coinstore契約では、クロスマージンモードと分離マージンモードを提供しています。分離マージンのデフォルトのレバレッジ倍数は100倍です。クロスマージンの場合は、1~100倍数の間で任意に調整できます。

 

4.BTC/USDT無期限契約を例にすると

Coinsrore契約取引システムでは、BTC/USDTの各契約の価値は0.001BTC、最小取引単位は1枚、トレーダーは1倍のレバレッジ取引1枚を選択すると、そののコスト合計=注文価額となります。

トレーダーが100倍レバレッジを選択した場合、コスト合計=注文価額/100、この取引の凍結証拠金=コスト合計となります。

この例では

注文価額=0.001(BTC)*9961(USDT)*10(枚)=99.61(USDT)

凍結証拠金=99.61(USDT)/100=0.996(USDT)

 

5.トレーダーはポジション建てをした後でも、自身のリスク許容能力に応じてレバレッジ倍数を調整することができます。例えば、トレーダーが板の前から離れる必要がある場合にレバレッジの倍数を下げることで、凍結証拠金の割合を増やし、この時間内の相場の急激な変動による強制決済のリスクを下げることができます。