デジタル資産取引は「安値で買い、高値で売る」と利益を得られます。契約取引は、購入/売却の双方向取引が可能で、相場の騰落かかわらず、利益を得るチャンスがあります。「ロング/ロングポジション」は「強気相場購入」や「弱気相場売却」とも言え、デジタル資産の契約取引では、市場の価格変動状況に応じて、対象物をロング/ロングポジションするかを選択して利益を得ることができます。