Coinstoreでは不必要な強制決済の回避や市場操作に打撃を与えるために、マーク価格を使用しています。

1. マーク価格と最新価格の違い

Coinstore契約では強制決済の計算に最新価格とマーク価格を採用することで、高変動時のピーク値と不必要な清算をできるだけ回避します。

最新価格は、契約取引の最新約定価格です。取引トランザクション内のラスト成約が最新約定価格となり、実実現損益の計算に使用されます。

お客様の強制決済価格と未実現損益は、マーク価格に基づいて計算されます。マーク価格の紹介については、公正価格マーキングを参照ください。

次の場合に強制決済がトリガーされます:

ポジション権益=ポジション証拠金+未実現損益<維持証拠金

 

2.強制決済価格

マーク価格がポジションの清算価格に達すると強制決済が行われます。お客さまには、強制決済を避けるため、マーク価格にご留意いただくようお願いいたします。

 

3.清算プロセス

強制決済の執行時、ユーザーアカウント内にあるすべての注文が直ちにキャンセルされます。清算と同時に「強制決済費用」を徴収して、保険基金にチャージします。そのため、ユーザーの証拠金が維持証拠金を下回る前に、自ら清算することで、強制決済による追加費用の発生を回避することをお薦めします。

通常、保有ポジションサイズの小さいユーザーへの強制決済は全ポジションに対して行われます。保有ポジションサイズの大きなユーザーが全ポジションを強制決済される可能性は低い。これは維持証拠金がレバレッジではなく、保有高に基づくからです。そのため、ポジションサイズの小さいユーザーの有効維持証拠金は強制決済比率より低くなります。清算の最終価格に関係なく、強制決済即ち破産を意味します。

 

4.強制決済オーダー

強制決済オーダーとは、約定またはキャンセル注文を指します。注文は可能な限り約定し、未約定の注文は自動的にキャンセルされます。システムは、現在の注文をすべてキャンセルした後、大規模な即時約定または注文キャンセルによって、ユーザーの証拠金使用量を減らし、全ポジションを強制決済しないように試行します。ユーザーが実現損失計上後に維持証拠金要件を満たしている場合、強制決済は終了します。ユーザーがまだ証拠金不足の状態にある場合、保険基金はユーザーのポジションを預かり、市場の破産価格でポジションを生産し、その破産を宣告します。残り資産の70%(あれば)は保険基金に割り当てられ、30%は返金されます。ユーザーが倒産(ウォレット残高がマイナス)した場合、保険基金が費用を支払います。